僕はいつもこんなことを考えている

人生はとても短い。 とてつもなく速い時の流れの中で僕はいつもこんなことを考えている。

いきそで行かなかった所へ行ってみよう

 

ずーっと

あの場所がどうなっているか確認しに行こうと思っていた。

 

何度も何度も。

 

だけど

なんとなく足が向わなかった

近所の,小学生の頃

よく釣りに出かけたあの場所へ。

 

f:id:buu_baku:20200910082211j:image

近くのこの橋を渡り

 

f:id:buu_baku:20200910082259j:image

自転車で来たならば,この場所におき

 

f:id:buu_baku:20200910082327j:image

河沿いのここを向こうへ突き当たるまで歩く。

 

f:id:buu_baku:20200910082444j:image

自宅から徒歩の時はあっちからこっちへ

途中,裸足で川を渡って

来たもんだが

うん十年を経て河原がジャングルになり過ぎていて

今はムリなようだ。

 

 

f:id:buu_baku:20200910082729j:image

 

着いた!

この場所

今も小さなハヤが釣れそうな匂いがプンプンする。

 

f:id:buu_baku:20200910082856j:image

f:id:buu_baku:20200910083020j:image

釣りポイントまで降りて行こうと試みたが

やはりジャングル化していてムリ。

 

f:id:buu_baku:20200910084220j:image

向こう岸にある

お寺さんのコンクリートの崖から

太いつる草が下まで伸びていて

 

時に,そのつるを伝って下まで降りてきたもんだけど

今は身体が重すぎてムリっぽい。

 

あの頃の,あの少年の頃の思い出が

お腹いっぱいになるくらい

溢れ出てくる。

 

楽しかった記憶ばっかり。

 

 

帰り道

もう来る事はないであろうあの場所を

振り返ると

 

心の中でそっとつぶやいた

 

「 さらば少年の日よ… 」

 

f:id:buu_baku:20200910083919j:image

 

 

 

 

 

 

 

死線をさまよう

先週の火曜日

新しくできたらしい中華料理店に繰り出し

この内容で850円!?という

良きランチメニューに遭遇した。

 

注文したのは四川麻婆豆腐定食?

 

四川料理は辛いのか?

唐辛子系の辛い料理が得意ではない僕は

しせん料理だけに死線をさまようが如く

ヒーヒー言いながら完食。

 

辛いけどウマかったかも。

 

f:id:buu_baku:20200903223503j:image

https://www.porta-y.jp/gourmet/90223

 

次はあんまり辛くないの頼もっと。

 

 

 

 

あえて

 

今日はあえて!お山に昼寝に行ったのだが…

 

 

f:id:buu_baku:20200818150255j:image

 

お気に入りの大樹の根本にシートを敷いて

苔むすおっきな幹にもたれ掛かり

 

空を見上げてボーッとする

 

f:id:buu_baku:20200818150128j:image

f:id:buu_baku:20200818150124j:image

 

頬を伝わるそよ風が

 

汗ばんだ背中に少しヒンヤリとした樹の幹が

 

周りの森が気持ちいい

 

f:id:buu_baku:20200818150652j:image

 

がしかしー!

お尻に敷いたシートが薄すぎて

痛くて眠れなかったのだ(笑)

 

不覚なり。