僕はいつもこんなことを考えている

人生はとても短い。 とてつもなく速い時の流れの中で僕はいつもこんなことを考えている。

先週も今週も来週も?

きっと来週も日の出時刻には 夜叉神峠にいるはず。 このままずっと休日は 夜叉神峠で日の出を待つのが ルーティン化してしまいそう。 今日は夜叉神峠小屋裏で。 ↓ 寒いし 鹿の鳴き声がやかましかったけど なんか生きてるって感じがした しかし相変わらず 北…

鍋焼きうどん再び

5年くらい前?に 山にコンビニの冷凍鍋焼きうどんを持っていき 温め失敗 しかもアルミ容器の底に穴が空き スープが全て流れ落ち 食べられなくなって 泣き崩れた事がある(ほんとかよー) そしてトラウマに。 あれから幾千の時を超えて 今日!再び鍋焼きうどん…

未確認飛行物体か

ひっさしぶりに 夜叉神峠でモーニングコーヒーを。 朝陽に真っ赤に染まる白根三山を期待していたけど 東の空に雲がかかっていて いまいち,いまに,いまさんな朝焼けに。 だがしかーし! なにやら怪しげな雲が? あれはもしや 雲のように見えるけど 地球外生…

人生はゲームです

新年御来光を拝んで 下山後 登山口にある御座石鉱泉のお風呂を利用させていただいた。 老婦人が独りで切り盛りしているらしいが 同行の友人に 僕にこの温泉の後継者になれ的な事を進言され 正直,3秒くらい本気で考えた 薄暗い館内の,ちょっとした段差で …

2018年大晦日

TVを持っていない僕は N◯K紅白歌合戦の録画を妹に頼んで 泊まりで山へ。 31日の朝から愛知の知人と宿泊先の鳳凰小屋へ向かう。 小屋に到着したら 荷物を置いて山頂にお散歩。 晦日のオベリスク(巨石) 向こうに見える白根三山や甲斐駒ケ岳も 神々しい。…

2019年は鳳凰三山からダーッ!!

えっと… 年越し登山で鳳凰三山に行ってまいりました。 寒かったけど 最高の登り納め→登り始め。 年男なハズの僕は 猪突猛進 ,2019年をバク進するのダーッ!! てわけで 朝陽に燃ゆる地蔵岳にそびえ立つ巨石『オベリスク』 山頂へと至る二歩進んでは一歩…

ダイアモンドの輝き

お日様がダイアモンドの輝きの如く 富士山頂から顔を出す瞬間を拝むために 本栖湖畔にそびえる竜ヶ岳にいざ。 温暖な気候のせいで全く雪がない。 例年,冬至の10日前もしくは10日後に この東屋のあるポイントからのビューが 富士山頂ど真ん中から日が昇…

夜叉神峠でおでん

意外にも全く寒くない夜叉神峠で おでんをやってみた。 んー 向こうにチラホラ見える白根三山も 先週は白かったのに 雪が溶けちゃったみたい。 今回はトレーニングを兼ねて 重たい鉄鍋を背負って登ってみたー 3年くらい前?に 豊橋市在住のすんごい画伯にい…

なんと八ヶ岳アウトレットの駐車場が有料に

ひっさしぶりに行った八ヶ岳アウトレットの 駐車場が有料300円 しかも前払いになっていたので 少し離れた場所にある市営の無料駐車場に パーキングした。 ほんでアウトレットモールまで林の中の 歩行者道?を歩くことに。 原村にある たてしな自由農園で…

女優の山口智子さんの夫は

唐沢寿明さん。 じゃなくて 【唐沢鉱泉でまったり】 宿の前にある コバルトブルーの源泉の池が 温泉入りたい心理に火を付ける。 ほんで,今日も貸切状態 ヌルすぎるゆえに 3万年も浸かりながら 登山でお疲れちゃんの筋肉を入念にストレッチしていたら 内も…

行きそで行かなかった唐沢鉱泉からの天狗岳

何度も登っている山なのに ここ,唐沢鉱泉ルートは初。 日の出を待ってスタートする予定が 先行者が居たので釣られて暗闇スタートも 初めてのコースが暗闇って けっこう不安 感性を研ぎ澄まし 猿や鹿の如き野生の勘で行くも次第に明るくなってきたら気分もル…

県民の日に

11月20日は山梨県民の日だとかで なぜか休日らしい。 たまたま行った河口湖オルゴールの森が 山梨県民は無料だった なにゆえにオルゴールの森かというと どうゆうわけか僕は星座,もしくは それに関わる神話 妖精の物語 オルゴールの音色,花言葉 etc… …

乾より生

My山メシの,ほぼ定番化している焼きそば いつも生麺を持っていくのだけれど 今回,はじめて乾麺にしてみたがしかし! 麺を戻すのに貴重な水を300㎖も使い しかも調理時間が長すぎて困ったちゃん。 次回からは生に戻るよてい。

枯葉散る

おニューの登山靴の慣らしには 枯葉散る登山道が足に優しくていいかも! だがしかーし! あの!切ない名曲のリフレインが止まらなくなるのだ。 ♫枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをもの語り 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない… また失礼ソングかよー …

転んでもタダでは起きない

成田空港10時05分発の便が 大幅に遅延して 変更後の予定時刻が14時35分に 代替え便もなく,しかたないから 前から気になっていた カプセルホテルにチェックインン〜ヌ!! やっぱこう,狭くて暗いとこ大好きかも! 根が暗い僕は こーゆーとこが めち…

あの場所へ

畑仕事や登山にかまけて 毎週のルーティーンであったはずの バッティングセンターに いつまにか行かなくなっていた。 ひっさびさにバットを握ったが パワーも衰え 打球も上がらなくなっていて唖然。 「あの場所にブチ当てたいのによぉー 砂を噛む思いだぜ」 …

妹よ

某ショップにあの!欲しかったアイゼン(ちょっとした雪山を歩く時に靴に装着するやつ)が 入荷しているとの情報を入手した僕は 焦った。 そのショップは定休日が火曜日なので 僕とかぶるのだ。 そこで忙しいから無理だろうなあ… と思いながらもダメ元で 妹に…

落葉そして

落ち葉はスベる。 この時期は 落ち葉ですっ転ばないように下山はかなり慎重になる。 すっ転んで頭でもしたたか打ちつけたら その場で人生終了なってしまう可能性もゼロではない。 落ち葉に意識を集中していたら あの!名曲が頭の中をリフレインし始めた。 そ…

チャイ

鳳凰小屋のCさんにオーナーに内緒で?笑笑 スペシャル過ぎる インドのお茶【チャイ】をいれていただいた。 インドを旅しまくっていて本物を知っているCさんのいれるチャイは 日本のインド料理屋さんの 甘ったるいチャイとは明らかに違い とてもスパイシー…

たぶん今年最後の鳳凰

登山道から見られる富士山も白い帽子をかぶっているように 山の気温がだいぶ下がって 薄手のダウンを着てもまだ寒かった。 年々,寒さに弱くなっている気がする。

鳳凰小屋

生涯 ,地蔵ケ岳山頂直下にある 鳳凰小屋という憩いの山小屋に 忠誠を誓う決心をした僕は(ほんとかよー) 愛用のザックに 800億円相当の価値があるハズの 800円のバッヂを取り付けて 人知れず心は常に鳳凰小屋にある気がしている。 なんか嬉しい。

ペヤングソースやきそば 〜地蔵ケ岳番外編②〜

お前もペヤングソースやきそばにしてやろうか! などとデーモン閣下がシャウトしそうな 勢いで密かに販売ちぅのこれ ぺヤングに入っている粉末のアレが 液体ソース化されたのである。 これまた極秘にてamazonで購入して 山に持ち込んだ。 野菜を炒め,麺をほ…

ひとりぼっちのハブラシ 〜地蔵ケ岳番外編①〜

地蔵ケ岳山頂には どういう云われかオベリスクという名の巨石が そびえ立っている。 某さんは「孫悟空が生まれそうな石だね」と ドラマ『西遊記』世代 ,アラフォー後期 もしくはアラフィフ以上である事を誇示していたがさて。 ポカポカ陽気が気持ち良く 立…

毎年恒例

毎年言ってるけど 「紅葉を見に行こーよー🤣」 … ちなみに常に独り😭 てわけで南アルプスは鳳凰三山の地蔵ケ岳に行って参った。 紅葉はまぁまぁだったけど 天気が良くて最高に気持ち良かったでござるー。 来週も行くかも。

台風の爪痕

台風24号の影響により あっもこっちも登山道が倒木でメチャクチャになったり 橋が流されたり土砂崩れがおきたりして 林道が通行止めになっていたり。 今日は鳳凰小屋(鳳凰山の)に行くのを 3万年前から楽しみにしていたのに 林道がやはり通行止め 山小屋の…

甥っ子くん初めて電車に乗るの巻

車社会のこの辺りでは 普段の生活でまず電車に乗ることはない。 5歳になった甥っ子くんは 近ごろ「電車に乗りたい」と言っていたので 雨で山にも行けず,畑仕事もできない おじさんは 運動会の振替休日でヒマなはずの甥っ子くんを 連れ出し ばあばも一緒に…

またしても

白根御池小屋に行ってキタダケー ∧( 'Θ' )∧ 朝イチ番の乗り合いタクシーに乗り 6時過ぎに登山口へ 山頂を目指さず途中の山小屋でソフトクリームをいただいて少しだけ休んで 10時発のタクシーで帰る そして午後から畑仕事三昧が定着してしまった。 たまに…

鳩サブレー

絶世の美女から鳩サブレーが届いて 浮かれてまーす。 世界3大銘菓の1つであるはずの 鳩サブレー 幼き頃からかなり好きなので 嬉しいです! Mさん どうもありがとうございます 明日からまた頑張るぞー え,何を? ちなみに甥っ子くん5歳は 鳩サブレーが大…

ピスタチオプディング

ナウイ,もしくはハイカラな言い方するとプディング 普通に言ったら小粋なプリンを小雨の夜叉神峠で 食べた。 登り始めが15時だったので 薄暗く しかも昨日!熊の目撃情報があったらしく ちょっとビビリなお茶登山でした 今日は。 来週も再来週も? 田んぼ…

僕ハ泳ゲナイノデ海ガコワイ

がしかし 中学までは釣り少年で 川や湖で釣りばかりしていた。 つい先日,ひっさしぶりにおビールを たくさん飲み ヤフオクで,あろうことか 海の船釣り用の竿をポチってしまった。 これ,どーしたものか あの頃の釣りに対する熱い想いが蘇るのか? 船釣り用…