僕はいつもこんなことを考えている

人生はとても短い。 とてつもなく速い時の流れの中で僕はいつもこんなことを考えている。

勝色 〜Before〜

そろそろ治療院の建物が10年になるので

外壁の色がかなり薄れてきた。

 

外壁の色は,あの!武将

武田信玄も多様していたはずの

藍色。

 

藍色は勝負の色,しかも勝色だという。

 

ならば!色は褪せてはいかんのではないか!?

 

てことで

業者に塗り塗りしてもらうことにした。

 

f:id:buu_baku:20201020213744j:image
f:id:buu_baku:20201020213748j:image
f:id:buu_baku:20201020213739j:image

 

ビフォー →  アフター

でどんなんなるかな?

 

わくわく。

 

 

なるほどんぐり

今年の悪夢の草刈りも終盤を迎え

やーーっとお山に行けるようになってきた。

 

今日は夜叉神峠にちょっとだけ。

 

f:id:buu_baku:20201014054837j:image

この近くに祠があるので

初めて行ってみた。

 

f:id:buu_baku:20201014055009j:image
f:id:buu_baku:20201014055005j:image

こんだけ回数登っていて

はじめて夜叉神峠の名前の由来を知る。

 

んー

「なるほどんぐり」

 

f:id:buu_baku:20201014055203j:image
f:id:buu_baku:20201014055208j:image

 

来週は少し遠出ができそう😆

 

 

無印良品 限定

しかーし!

山梨県の無印良品店には品おきがないので

ヤフーオークションにて購入。

 

オークション開始価格の400円で入札したまま

その後,誰も入札することなく

無事400円で落札。

 

その商品とは!

 

f:id:buu_baku:20200926065142j:image

 

コオロギせんべい。

 

そう,あの!虫のコオロギを

粉末状にして練り込んだせんべい。

 

エビやカニのような風味で美味しいらしい。

 

まだ食べていないが

はたして……

 

いずれやってくるであろう世界の食糧危機を

昆虫食が救うというけれども!

 

虫😣

 

 

 

 

 

 

 

俺の鉄板で

f:id:buu_baku:20200924084155j:image

ひとり?キャンプ用に

ちっさな鉄板を買った。

 

はじめて使うときは

油をひいて、空焚き。

その後、冷めてから洗う。

 

2度目からは

肉や、なんやかんや

とにかく焼く。

 

使いはじめて3回目くらいまでは

肉などが張り付きやすいそうで

 

徐々に馴染んでひっつきにくくなるらしい。

 

鉄板を育てていくんですね。

 

いつか

育てまくって

いー塩梅になったら

 

「 俺の鉄板で肉焼きに行こうぜ 」

 

などと

のたまってみたいものだ😎

 

 

 

 

いきそで行かなかった所へ行ってみよう

 

ずーっと

あの場所がどうなっているか確認しに行こうと思っていた。

 

何度も何度も。

 

だけど

なんとなく足が向わなかった

近所の,小学生の頃

よく釣りに出かけたあの場所へ。

 

f:id:buu_baku:20200910082211j:image

近くのこの橋を渡り

 

f:id:buu_baku:20200910082259j:image

自転車で来たならば,この場所におき

 

f:id:buu_baku:20200910082327j:image

河沿いのここを向こうへ突き当たるまで歩く。

 

f:id:buu_baku:20200910082444j:image

自宅から徒歩の時はあっちからこっちへ

途中,裸足で川を渡って

来たもんだが

うん十年を経て河原がジャングルになり過ぎていて

今はムリなようだ。

 

 

f:id:buu_baku:20200910082729j:image

 

着いた!

この場所

今も小さなハヤが釣れそうな匂いがプンプンする。

 

f:id:buu_baku:20200910082856j:image

f:id:buu_baku:20200910083020j:image

釣りポイントまで降りて行こうと試みたが

やはりジャングル化していてムリ。

 

f:id:buu_baku:20200910084220j:image

向こう岸にある

お寺さんのコンクリートの崖から

太いつる草が下まで伸びていて

 

時に,そのつるを伝って下まで降りてきたもんだけど

今は身体が重すぎてムリっぽい。

 

あの頃の,あの少年の頃の思い出が

お腹いっぱいになるくらい

溢れ出てくる。

 

楽しかった記憶ばっかり。

 

 

帰り道

もう来る事はないであろうあの場所を

振り返ると

 

心の中でそっとつぶやいた

 

「 さらば少年の日よ… 」

 

f:id:buu_baku:20200910083919j:image