僕はいつもこんなことを考えている

人生はとても短い。 とてつもなく速い時の流れの中で僕はいつもこんなことを考えている。

あの場所へ

畑仕事や登山にかまけて

毎週のルーティーンであったはずの

バッティングセンターに

いつまにか行かなくなっていた。

 

ひっさびさにバットを握ったが

パワーも衰え

打球も上がらなくなっていて唖然。

 

「あの場所にブチ当てたいのによぉー

砂を噛む思いだぜ」

 

f:id:buu_baku:20181107135106j:image

などと

某名作ドラマで

某俳優さんの吐いたクサい台詞

「水平線の向こうにぶっ飛んでいきてぇのによぉー  砂を噛むような毎日だぜ」

少しだけトレースしてみたのだった。

 

 

そりゃ,日ハムから指名されないはずだわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

妹よ

 

某ショップにあの!欲しかったアイゼン(ちょっとした雪山を歩く時に靴に装着するやつ)が

入荷しているとの情報を入手した僕は

焦った。

 

そのショップは定休日が火曜日なので

僕とかぶるのだ。

 

そこで忙しいから無理だろうなあ…

と思いながらもダメ元で

妹にコンタクトしてみた。

 

が,やはり姪っ子・甥っ子の幼稚園の行事や

仕事で無理だと。

 

だがしかし! 連絡取ってみたその日の午後

姪っ子の芋掘り会が終わったあと

あの!欲しかったブツを

片手にぶらさげ

職場に届けてくれたのだ。

 

兄ちゃん泣けたぞ。

 

f:id:buu_baku:20181024085207j:image
f:id:buu_baku:20181024085212j:image

スノーライン社のチェーンアイゼン

【チェーンセンウルトラ】

前爪が2本追加されて,より雪の登山道を安定的に歩けるというもの。

 

妹よ

 

兄ちゃん嬉しいぞ。

 

 

 

落葉そして

f:id:buu_baku:20181017083422j:image

 

落ち葉はスベる。

 

この時期は

落ち葉ですっ転ばないように下山はかなり慎重になる。

 

すっ転んで頭でもしたたか打ちつけたら

その場で人生終了なってしまう可能性もゼロではない。

 

落ち葉に意識を集中していたら

あの!名曲が頭の中をリフレインし始めた。

 

そう,おニャン子クラブ

会員番号12番の河合その子さんの

『落ち葉のクレッシェンド』だ。

 

乃木坂46世代の僕が

おニャン子クラブなんて知る由もないのだが

はて。

 

 

その名曲の歌詞が…

 

 

落葉のクレッシェンド

切ない瞳の中にヒラヒラ
落葉のクレッシェンド 涙を隠してた

 

(中略)

 

苦しいほど好きになって

初めて恋を知ったの
だけど何も言えなかった

ごめんね素直じゃなくて

 

落葉の…         ♫

 

 

またしても失恋ソングか😭

 

 

f:id:buu_baku:20181017095424j:image

 

夕焼けに映える鳳凰三山

また来年,よろしくお願いいたします。

 

 

チャイ

 

鳳凰小屋のCさんにオーナーに内緒で?笑笑

スペシャル過ぎる

インドのお茶【チャイ】をいれていただいた。

 

f:id:buu_baku:20181016182032j:image

 

インドを旅しまくっていて本物を知っているCさんのいれるチャイは

日本のインド料理屋さんの

甘ったるいチャイとは明らかに違い

とてもスパイシーだった。

 

Cさんだから

スパイCなのかというと

うん,違うだろう。

 

どうやら生姜を入れていたらしいが

さて。

 

いやはや

とてもおいCチャイをありがとうCさん♡

 

 

 

 

 

 

鳳凰小屋

生涯 ,地蔵ケ岳山頂直下にある

鳳凰小屋という憩いの山小屋に

忠誠を誓う決心をした僕は(ほんとかよー)

 

愛用のザックに

800億円相当の価値があるハズの

800円のバッヂを取り付けて

人知れず心は常に鳳凰小屋にある気がしている。

 

f:id:buu_baku:20181011141301j:image

 

なんか嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペヤングソースやきそば 〜地蔵ケ岳番外編②〜

お前もペヤングソースやきそばにしてやろうか!

などとデーモン閣下がシャウトしそうな

勢いで密かに販売ちぅのこれ

f:id:buu_baku:20181009211408j:image

ぺヤングに入っている粉末のアレが

液体ソース化されたのである。

 

これまた極秘にてamazonで購入して

山に持ち込んだ。

 

f:id:buu_baku:20181009211835j:image

野菜を炒め,麺をほぐして

火を止めてから

ソースをからませる。

f:id:buu_baku:20181009211937j:image

炒めながらソースを混ぜては

ペヤング本来の風味が失われて残念な結果になるらしい情報を得ていたので

ソツなくウマウマなペヤングソースやきそば風の味になった。

 

山小屋のオーナーからも

「うまそうだな」と言っていただいたが

ほんと美味かった😆

 

野菜炒めとかにも普通に使えそー。